叡啓で学ぶ

叡啓で学ぶ学びの特長

実践英語

英語のシャワーに触れる日常。

これから必要なのは、グローバルな課題に取り組み国際社会に貢献したり、社会で生き抜くための実践的な英語。海外からの留学生とともに、多文化多様な環境で英語漬けの日々を過ごし、英語コミュニケーション能力を磨きます。

半年間の英語集中プログラム
(For Non-native speakers)

1年次の3学期以降、リベラルアーツ科目などの授業を英語で受けられるレベルに達するよう、1年次の1学期と2学期の半年間で「Intensive English Program(英語集中プログラム)」を実施します。
少人数・習熟度別(初級・中級・上級)にクラスを編成し、英語のみを使用することで、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング、プレゼンテーション力を鍛えます。

英語の授業のみで学位を取得できる

卒業に必要な124単位のうち、62単位以上は英語での授業履修が義務となります。一部の科目(留学生を対象とした日本語集中プログラムなど)を除き、同一科目を英語と日本語両方で開講するため、全ての授業を英語により履修し卒業することができます。

4人に1人が留学生

1学年100人のうちの20人程度の留学生に加え、交換留学などにより滞在する海外大学の学生を含めると4人に1人は外国人学生となるよう、キャンパスのグローバル化を推進します。
様々な文化的背景、多様な価値観を持つ留学生と日頃から英語でコミュニケーションを行うことで、多様性を尊重する国際感覚が身に付きます。

EIKEI MEDIA

EIKEIの実践英語