叡啓で学ぶ

叡啓で学ぶ学びの特長

SDGsを意識したリベラルアーツ

グローバル社会の中で活躍できる
教養力を身につけます

叡啓大学のリベラルアーツ科目は、SDGs(国連サミットで採択された、持続可能な開発のための国際目標)を意識し、学びの軸としています。SDGsの17のゴールを国連が分類した5つのP(Peace平和、Partnership共創、People人間、Prosperity繁栄、Planet地球)を軸として設定し,学生が各自の興味・関心に応じて、課題を見る際の視点となる「ウィンドウ」を選択し、各ウィンドウのテーマに有用な知識を学ぶことができます。
(主な学問領域は、人文学関係(芸術・文学、哲学・倫理学、心理学、文化人類学)、経済学関係(経営学)、理学関係のうち環境学)

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

学びの軸とする5つのP

基盤科目

5Pのうち、Peace(平和)とPartnership(共創)に分類されるリベラルアーツ科目については、学生全員が履修します。

基盤科目
5つのP 修得する知識
Peace (平和) 平和な社会の構築や多様な主体との協働など、課題解決を行う上での思考・判断の基盤となる知識を修得
Partnership (共創)

発展科目

People(人間)、Prosperity(繁栄)、Planet(地球)の3つから、学生が興味・関心に応じて、それぞれに分類されるリベラルアーツ科目を履修します。

5つのP ウィンドウ 修得する知識 主な学問領域
People (人間) アイデンティティ
デザイン
多文化共生社会で、人々の多様性を尊重する仕組みなど、社会課題に対応する知識を修得 人文学関係
Prosperity (繁栄) ビジネス
デザイン
グローバル化する経済・社会の仕組みや、産業,技術発展などに関する知識を修得 経済学関係
Planet (地球) エコシステム
デザイン
自然と共存しながら発展するための環境保全や生物多様性などに関する知識を修得 理学関係
(環境学部分)

<ウィンドウのイメージ>

EIKEI MEDIA

EIKEIのリベラルアーツ