叡啓で学ぶ

叡啓で学ぶ学びの特長

課題解決演習(PBL)

企業や地方自治体等が
実際に直面している課題を扱う

本学では、課題解決演習(PBL)をカリキュラムに導入します。1年次は「ソーシャルシステムデザイン入門」及び「課題解決入門」を全員必修とし、自分に足りない知識やスキルを自覚します。
2・3年次では、企業などから提供された課題の原因を探究し、解決策の提案までを行う演習に3回取り組み、課題発見・解決力や他者と協働する力、やり抜く力などを養います。

課題解決演習(PBL)の流れ

街全体がキャンパス

実社会で生じている課題を教育に積極的に取り入れていくことができるよう、企業やNPO、国際機関、地方公共団体など学外の様々な主体と連携する「プラットフォーム」を構築し、広島の街全体をキャンパスとして実践的な教育を展開します。

課題解決演習(PBL)の事例

課題解決演習(PBL)の事例
事業タイプ 課題タイトル
民間企業
(食品)
サラダの世界を広げることで野菜摂取を増進する
民間企業
(精密機器)
高齢者のフレイル(虚弱 Frailty)進行を予防するお手伝い
民間企業
(地域活性)
地域資源のレモンを育て続ける
民間企業
(IT)
The active participation of highly skilled foreign professionals has yet to progress in small and medium-sized enterprises in Hiroshima Prefecture.
公益財団法人 全理事の30%が女性理事となるよう取り組む

連携承諾団体の課題から学ぶ

企業や自治体の課題が演習テーマとして設定され、解決へのプロセスを実践的に学びます。自ら考え行動に移し、答えを導き出す基礎を養えるのも、叡啓大学ならではの学び。連携承諾団体は、さらに増えていく予定です。

多様な主体をつなぐプラットフォーム

卒業プロジェクト

大学での学びの集大成として、学生自らがテーマを設定して、課題の明確化と解決策を導き出すことを目指します

個別の卒業プロジェクトテーマに関する課題研究を、教員が伴走する演習形式で実施。中間・最終の2度行われる報告会には、外部評価者として企業・行政などのステークホルダーを招き、それぞれの課題研究に対して、新規性、実現可能性などの観点からフィードバックをもらいます。それを踏まえて報告書をまとめ、公開プレゼンテーションの場で成果を発表します。

卒業プロジェクト(全体概要)

EIKEI MEDIA

EIKEIの課題解決演習(PBL)