NEWS & TOPICS

NEWS & TOPICS

川瀨真紀教授が広島県教育委員会主催の「学校魅力化コーディネート力養成研修」で講師を務めました

  • Facebookでシェア
  • Xでシェア
  • LINEでシェア

川瀨真紀教授が、広島県の県立高等学校等の総合的な探究の時間等に携わる高校教員を対象にした、「令和5年度『高等学校課題発見・解決学習推進プロジェクト』に係る学校魅力化コーディネート力養成研修」の第1回目研修会で、講師を務めました。

「学習評価場面での連携先の関わり方について考える」講師:叡啓大学 川瀨真紀

2023年6月29日(木)に開催された研修の午後のパートで、川瀨教授が、さまざまな連携(パートナーシップ)や学習評価場面での連携先の関わり方をテーマにワークショップ型講義を実施しました。

「外部の教育資源を活用する際に、連携を経て教育的なパートナーシップを築くにはどうすればよいか」を考える手法として、アセット・マッピングというワークを行いました。

続いて「外部との関わりしろを探る」をテーマに、合同会社ひとむすびの山田芳雅様の進行で、企業・団体および本学教員の計6グループと高校の先生方が交流するミートアップが実施されました。

企業・団体や大学教員側が何を思っているか、学習の評価方法や外部との連携方法について、どのグループも非常に活発に意見交換をしていました。

企業・団体の講演テーマ:学校の探究学習と企業の連携について

本学教員の講演テーマ:大学生の学修プロセスにおける外部との連携・学修評価について

  • 石川雅紀「学生主体のNPOによる、ごみが自然に減る仕組み-NPO法人ごみじゃぱんの事例-」
  • 水島希「探究型学習における外部リソース利用と学習評価:叡啓大学リベラルアーツ科目『科学技術史』の取り組み紹介」
  • 中島基宏「授業の一環として行うインターンシップ及びボランティア・プログラムにおける受入先との連携と学生の成績評価」

令和5年度「高等学校課題発見・解決学習推進プロジェクト」に係る学校魅力化コーディネート力養成研修 第1回研修会

  1. 開催日・場所
    2023年6月29日(木)午前9時30分ー午後4時30分
    会場:ヒルトン広島(広島市中区富士見町11-12)
  2. 研修の目的
    社会に開かれた教育課程の実現に向け、学校内外の人的・物的資源等を活用して、より効果的に学校の魅力を高めるためのカリキュラム・マネジメントを充実させることができる教員の資質・能力の育成を図る。
  3. 参加者
    広島県内の県立高等学校の総合的な探究の時間等に携わる教員
  4. 開催機関
    主催:広島県教育委員会、共催:Peace & Science Innovation Ecosystem (PSI) ※広島大学が主幹機関、叡啓大学等が共同機関となっているプラットフォーム
  5. 研修内容
  • 午前の部:「探究的な学びにおける学習評価について」講師:広島県教育委員会事務局
  • 午後の部:
    「学習評価場面での連携先の関わり方について考える」講師:叡啓大学 川瀨真紀
    「外部との関わりしろを探る」講師:合同会社ひとむすび 山田芳雅

 

 

本学では、課題解決演習(PBL)や体験・実践プログラム(日本国内外でのインターンシップ・ボランティアなど)」のリソースを元に、高等学校等と連携して「総合的な探究の時間」の支援などを実施しています。

【高大接続のお問い合わせ】

教学課入試係(082-225-6224、admisisons-at-eikei.ac.jp)※ 「-at-」 は「@」 の記号に置き換えてください。