大学案内

大学案内大学の取り組み

叡啓大学実践教育プラットフォーム協議会

叡啓大学では、学生の主体的な学びの実現とそれを通じた社会の発展に貢献するため、本学の実践的な教育に協力いただく県内外の企業・自治体・国際機関等を構成員とする「叡啓大学実践教育プラットフォーム協議会」(以下「プラットフォーム」という。)を設立しました。
実社会で生じている課題を教育に積極的に取り入れていくことができるよう、プラットフォーム会員団体の皆様方と連携し、課題解決演習(Projet Based Learning)」やインターンシップ等の「体験・実践プログラム」など、実践的な学びを展開してまいります。

 

イブニングラウンジ

叡啓大学では学生のコンピテンシー育成及びキャリア形成支援の一環として、「イブニングラウンジ」を開催し、社会の第一線で活躍している人と学生が自由に意見交換できる場としています。

公開講座

叡啓大学では、研究教育の成果を広く地域に公開し、社会人の教養を高め、技術を習得し、生涯学習を推進することを目的として、公開講座を実施します。

その他の取り組み

研究費の不正使用防止対策等に関する取り組み

叡啓大学は、研究費の不正使用に厳格に対応し、不正使用が起きない、起こさない環境づくりに取り組んでいます。
詳しくは、法人本部(県立広島大学)のホームページ又はリンク先をご覧ください。

取引業者の皆さんへ

公益通報

広島県公立大学法人における反社会的勢力に対する基本方針

障害を理由とする差別の解消の推進

「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(平成25年法律第65号)の施行に伴い、障害を理由とする「不当な差別的取り扱いの禁止」「合理的配慮の提供」に関する基本的な考え方、相談体制の整備等教職員が適切な対応を行う際に必要な事項を定める「教職員対応要領」を策定しています。