キャンパスライフ

キャンパスライフキャンパスマップ・施設紹介

FloorMap

プロジェクトワークスペース    1F

叡啓大学の「顔」ともいうべき空間です。「新たな社会価値を創造する共創の<場>」をコンセプトとし、新しいものを生み出す創造力を刺激する空間として「ソーシャルシステムデザイン」の一端を体現しています。セミナーやワークショップをはじめとするイベント等を開催できる「セミナーエリア」、企業や自治体関係者など、学生と地域の多様なステークホルダーとの交流を図るための「コミュニケーションエリア」などを設けています。

コミュニティコモンズ  ï¼‘F

学生と地域の方との交流の場として、広く開放しています。
1期生が「EIKEI PIANO PROJECT」として、ストリートピアノを設置したり、2023年は学生が企画したイベントを開催するなど、子どもから大人まで地域の多様な方々と交流を進める取り組みも行われています。

図書室 2F

日英両言語で授業開講するため、和書、洋書ともに充実しています。県立広島大学の図書館からの取寄せも可能で、様々な分野の書籍を借りることができます。閲覧スペースには机・椅子だけでなくソファもあります。

PBL演習室 3F

可動式の机やイス、ホワイトボードを備えたグループワーク用スペースが複数あり、授業時間外でもグループで学習できる環境です。プロジェクターやスクリーンも整備し、学生の成果発表の場としても利用しています。

ポート 3F~7F

学生40人(1学年10人×4学年)程度を専門分野の異なる教員2~3人が担任する「ポート」を設け、学生を支援しています。

教員2人の研究室と学生が滞在する部屋を隣接配置することで、学生が日常的に教員とコミュニケーションをとることができます。学修計画の立て方や履修科目の選択、学修方法についての指導・助言を受けやすい環境です。

学生寮 9F~13F

叡啓大学の国際学生寮は、学びと生活が一体化し、留学生と日本人学生が共同生活を通じて、国際感覚を磨くとともに、多様なバックグラウンドに基づく価値観に触れることで多文化・共生を学び、かつ、自主性を向上させるための実践的な教育の場です。

 

詳細はこちらをご覧ください

キャリアデザインオフィス    14F

キャリアデザインオフィスをハブステーションとして、キャリアメンター、叡啓大学実践教育プラットフォーム協議会、起業家育成コミュニティなどの関係団体とネットワークを構築し、学生の活動や多様なキャリアデザインをサポートしていきます。また、専属のキャリアアドバイザーによるキャリア相談を随時受け付け、キャリアに関する図書等の閲覧や学生が職員やキャリアメンターと談話するオープンスペース、企業とのオンライン面談用のプライベートブースを整えています。

ラーニングコモンズ 14F

グループワークのためのホワイトボードやミーティングテーブルと、個別に学習できるスペースがあり、様々な学習方法に対応した自習スペースです。

英語ラウンジ 14F

英語ニュースが常時流れ、海外の雑誌が置いてあるので、授業以外の時間でも英語に触れることができます。留学生の出身国の情報や、広島での生活情報などを掲示することで、学生同士の交流が深まります。

食堂  "EUH Cafeteria" 15F

2023年11月にオープンした学生食堂。

「EUH Cafeteria」で提供する食事は、一般のメニューの他、多国籍の学生にも対応したメニューを提供しています。当面の間、学内者のみ利用可能です。

叡啓トップ 15F

叡啓大学校舎最上階(15階)から広島を一望できるフロアです。インターネット環境が整っており、ハイタイプのテーブル、円卓、長机、ミーティングチェアなど、自由に利用できる空間となっています。