叡啓で学ぶ

在学生の声 大久保 帆夏

大久保 帆夏OKUBO Honoka 2021年度4月入学 広島県出身(広島県立安古市高等学校)
個性的で実行力のある仲間との出会い

私が叡啓大学を選んだ理由は一期生として大学の歴史を一から創り上げることができ、リベラルアーツで幅広い分野の学問を学ぶことができるからです。

入学後、様々な知識を得られたのはもちろんですが、グループワーク、プレゼンテーション、フィールドワークの機会が豊富で、課題解決演習(PBL)では、課題の特定・分析方法などを学びました。

修得した知識とスキルを実践する機会

これまで受講した授業では、特に「課題解決演習」や基本ツール科目の授業が役に立っています。

「課題解決演習」の授業で大学が連携しているクライアント様からいただいた解決したいテーマに取り組むことで、社会に実在する本質的な課題は何か、その課題に対する適切な解決策は何かなどを分析する力がついたように感じています。

また、”Introduction to Data Science A”の授業で習った生データの分析方法を国内のインターンシップで活かすことができたことが印象に残っています。PBLや、参加が必須である国内外でのボランティアやインターンシップにおいて、修得した知識と手法・スキルの実践を繰り返すことで、社会に必要な力を身につけることができていると思います。

叡啓大学での出会い
交流イベントの企画運営
交流イベントの企画運営

叡啓大学には個性的で行動力のある人たちが集まっていると思います。

やりたいと思うことに全力で取り組んでいる仲間がいる環境に身を置き、良い意味で「巻き込まれる」ことで、私自身も行動力がついてきたと実感しています。

周りからの良い影響があって、クラブ活動の部長を務めたり、交流イベントを仲間と企画・運営したりすることができました。また、このようなリーダーになる経験やイベント企画などを通じて、マネジメントスキルを身につけることができました。

プレゼンテーション、課題解決、実践英語、マネジメント、そしてITスキルと、経済や環境など多岐にわたる授業で得た幅広い知識を組み合わせて様々な課題に立ち向かい、社会に貢献できるような人材になりたいと思っています。

(2023年8月)