EIKEIMEDIA

課題解決演習(PBL)ダイジェスト 2022 Summer Q

  • # ソーシャルシステムデザイン学部
  • # PBL
  • # 学生
  • # 人
  • # 社会連携
  • # アクティブ・ラーニング
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

実社会のリアルな課題に挑む叡啓大学の「課題解決演習(PBL)」

2022年 Summer Quarter に開講された「ⅠA」の授業をダイジェストにまとめました。

「課題解決演習(PBL)IA」の流れ

【ステップ1】プロポージング(提案)
       提案クライアント様のテーマ紹介
【ステップ2】フィールドワーク(調査)
       訪問、観察、聞取り
【ステップ3】コー・レビュー(共創)
       問題を取り巻く全体像・要因から課題を特定する
【ステップ4】レポーティング(報告)
       最終報告会

2022年 Summer Quarter 提案クライアント(叡啓大学実践教育プラットフォーム協議会)
・一般社団法人せとうち観光推進機構 様
 地域固有の魅力を見出し、欧米豪からの瀬戸内への旅行者の満足度を高めるにはどうするか
・三井住友海上火災保険株式会社中国本部 様
 「安心・安全」な広島県を造る!
・English Class
 How can we contribute to make a more livable community by using technology, for and with international migrant families, children and workers in living spaces with various "walls”?

この記事もあわせてお読みください