EIKEIMEDIA

最上階からの「観天望気」便り 2022 (山田芳則)

  • # 人
  • # リベラルアーツ
  • # ソーシャルシステムデザイン学部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

叡啓大学の最上階は "Eikei Top" と呼ばれています。この階からは広島の中心部やその周辺が一望できるだけでなく、空の様子もはっきりと観察できます。「空想」には格好の場所です。
2021年3月下旬から広島市に住むようになって、これまで住んでいた千葉県とは天候がかなり違うことを実感しています。
このコラムでは、気づいたことや思ったことを気ままに綴っていきたいと思います。

【2022年11月14日:鰯雲】

秋によく見られる雲です。秋の季語でもあります。11月14日に関東地方で見られました。

【2022年10月24日:虹】
夕方、広島市では上空の谷の通過に伴う降水の後で主虹と副虹が明瞭に観測できました。
主虹(副虹)は、太陽光が雨滴の中で1回(2回)反射した結果です。主虹(副虹)の色は孤の内側から外側に向かって紫(赤)から赤色(紫色)に変化します。
このように色が分かれて見えるのは、雨滴と大気との境界面において光が進む向きの変化する程度が光の色に対応する波長ごとに異なっているためです(赤から紫になるにつれて波長は短くなります)。

この記事もあわせてお読みください